金物工事

金物工事
日々私たちは工場にて住宅、ビル、店舗にかかわる金物を加工取り付けしております。金物を加工するには鉄などの特性を
知っていなければいけません。熟練した技で皆様に満足した製品をお届けいたします。

【鉄とは】
鉄鉱石を脱酸し加工しやすい鉄にします、そのままにしておくと酸化して錆びてしまいます。鉄には2種類ありアイアンとスチールに分かれます、炭素の割合によるものでアイアン(純鉄)は炭素が多いのでもろく壊れやすく、スチールは柔軟性があり、一般に建築物に使われるのはスチールです。鋼材には熱間圧延材と冷間圧延材があり熱間圧とは鉄の塊を冷ながら製品にしていくもので柱など構造材に変わります。冷間圧とは鉄をいったん板状にしてそれを加工していきます。鉄の加工は自由自在でさまざまな形にすることができます。加工に使う溶接にはアーク溶接、アルゴン溶接、半自動溶接などがあり一般的に使うのはアーク溶接で溶接棒というものを電気のスパークにより溶かしながら加工していきます。
【アルミとは】
一般的にサッシに使われていることか多いです。軽くて長持ちすることでさまざまな生活シュミレーションに役立っています。ただし半永久的でなくやはりアルミの錆というものがでてきたら交換の時期と言えるでしょう。特徴は軽いということで鉄の比重の1/3です。欠点は鉄のように加工ができないので曲がったり、へっこんだりした場合強度は著しく落ち修理などの加工は不可能で交換する事になります。
【ステンレスとは】
ステンレスとは鉄にクロム、ニッケルを混合したもので、クロムが混合されると空気中の酸素と結合して表面に酸化を防ぐ皮膜ができます。見栄えもきれいで美しいステンレスは価格も高く加工も難しいですがその輝きは半永久的で変わりません。キズなどがついても周囲の酸素と結合して皮膜は再生されます。種類は一般的にヘア?ライン、鏡面仕上げ、2B仕上げなどがあります。 (STAINよごれ、しみ  IESSより?しない)
鉄には錆びさせない為に様々な処理があります。
錆び止め塗装・・・・・・・・・・・・・・
般的に合成樹脂ペイントを塗装することにより錆をとめます定期的にメンテナンスが必要になります。
ショットブラスト・金属溶射・・・
材料(亜鉛・アルミ)を加熱し溶融し、その粒子を高圧エアーにて施工物に吹き付け、皮膜を形成する表面改質法つまり塗装と同様に金属などの表面を保護する工法の一つです。
錆び止め塗装・・・・・・・・・・・・・・
鉄と亜鉛の合金反応を利用した皮膜で亜鉛の酸化皮膜です 鉄と亜鉛のイオン化傾向の差による電気化学的防食作用によって鉄鋼を防錆するものです経済的で耐食性にすぐれ塗装のように剥離することはありません。